看護師は業務の性質上、残業をすることが当たり前になっています。
病院の体制にもよりますが、多くの看護師は残業を行っています。
その残業がサービス残業なのか残業代が支払われる正規の残業なのかは、
病院の体質にあると言っても良いでしょう。

ですから看護師=サービス残業当たり前という考え方は間違っています。
残業が多いのは確かな事ですから、激務には違いありません。
もし看護師になってサービス残業をしなければいけないような病院であれば、
転職を考えるか病院に対して残業代の支払いを求めるしかありません。

看護師に限らず今問題になっているサービス残業ですが、これは列記とした
労働基準法違反に該当しますので、残業した分は対価として報酬を
手にするのは当たり前のことなのです。
サービス残業をしなければ仕事が回らないのだとすれば、それはその病院の
人員配置などに問題があると言えます。

上司に訴えてもサービス残業が改善しない場合は、それ相応の対応を
考えていくしかないでしょう。
前述のように転職もしくは労働基準監督署に実情を訴えるしかありません。
労働基準監督署の監査が入り問題が表面化すればある程度の改善策は
期待できると言えるでしょう。

看護師本人がサービス残業なんて当たり前と思ってしまうと、
状況は改善しないばかりがどんどん悪化していくだけになります。
泣き寝入りするのではなく、自分で自分の労働環境を改善するぐらいの
気持ちを持つことが重要です。