復職前の看護師がやっておくべきこととは?

看護師資格を持っているが旧職している人は潜在看護師と呼ばれ、
推定では50万人以上いるとされています。
潜在看護師の中には復職しようと考えている人が一定数いますが、
看護師が復職前にやるべきことを疎かにしてしまうと復職しても失敗してしまい
直ぐに辞めてしまうケースがあります。

では、どのような事を復職前にすべきか見てみましょう。
・看護師勤務に耐えられるような体力作り
・最新の医療参考書を読んで予習する
・看護学生時代の教科書を読んで復習する
・地域の看護協会に復職について相談する
などがあります、まずは求職活動をする前にこれらのことを実行できる環境を
作らなければなりません。

その上で実際に求職活動をするとなれば、転職サービスなどに登録し、
どんな病院が求人を出しているのかを確認する手順に進みます。
一番大事なのは不規則な勤務に耐えられるだけの体力作りでしょう。
これが出来ていないと体力面でついて行けなくなり退職することになります。

また、再就職先について全く未経験の科に復職することも避けた方が良いですし、
求人票に掛かれている内容や面接時の話を鵜呑みにしてはいけません。
看護師として働いた経験があればわかることですが、慢性的に人材不足ですから
ネガティブなことは病院側も言葉にすることはありません。
何故なら猫の手も借りたいぐらいに人材が欲しいからで、ネガティブな事を言って
みすみす人材を手放したくないからです。